何歳になっても「美脚」を目指すべき理由

楽々筋トレしないソネワークス

連日の雨模様は、梅雨を連想させますね。

どちらにしろ、うっとおしい日が続きますが、GW後のからだを休めるにはちょうどいいのかもしれません。

晴耕雨読です。

◇いくつになっても美脚を目指す!

憧れの「美脚」💖

女として生まれたら、一度はなってみたい

「美脚」

そんなの私には無理💦

親兄弟も美脚ではないし、親戚中を見渡してみても「美脚」はいない。

なんて親のせいにしないでください。

美脚は自分で作るものだからです。

もちろん美脚だけには限らないのですけどね

ボディラインは自分で変えることなどできないとあきらめている人が多いようですが、

あきらめないで

自分で変えることが出来るのですよ

それも何歳になってもです。

そもそも歳を取ったからボディラインが崩れるなんていう都市伝説を信じないでくださいね。

◇美脚の条件とは?

次回のオンラインレッスン のテーマ

「脚のお悩み特集」では

骨や筋がちゃんと確認できるかどうか?

ということでやっていきたいと思っています。

足の骨がちゃんと確認できるかどうかで美脚が決まるのです

脚の骨ってなんだ?

たとえば、

乙女のトキメキくるぶし(外側と内側に1個ずつあります)

踝(くるぶし)

ちゃんと見えてますか?

実は「くるぶし」という骨は、それぞれヒザから下の骨の端っこの出っ張りなのです。

内くるぶしは脛骨(けいこつ)という骨の下の出っ張り。内踝(ないか)と言います。

外くるぶしは腓骨(ひこつ)という骨の外側の出っ張り。外踝(がいか)とも言います。

このくるぶしがはっきりくっきりしているかどうかでむくみの状態がわかります。

くるぶしをはっきりさせましょう。

乙女のトキメキヒザのお皿

埋もれてませんか?

丸くて小さいお皿の骨

さわれますか?

自分のヒザのお皿を見たことがない、という方もいらっしゃいますが、

ヒザ上、ヒザ下がゆるんでお皿がはっきりキレイに出ていない。

ヒザ周りがゆるんできて、お皿が埋没している。

若い頃はもっとヒザのお皿がキレイだったはず。

ヒザ周りがどんどんお肉で埋もれてきている。

それは歳のせい?

とんでもありません。

何でもかんでも歳のせいにするな〜〜

いつも私はそう言っている。

ヒザ周りがスッキリしないのは、ヒザ裏が縮んで伸びていないから。

ヒザ周りをスッキリさせたい

そういうニッチなこだわりに応えたいといつも思っています。

乙女のトキメキ足の甲の指の上にある5本の筋。

くっきりしてますか?

足指がちゃんと動いていると、足の甲に自然に5本の筋が出てきます。

この5本の筋の見え方で、脚のむくみの程度が判断できます。

足の甲が物語ってくれるわけです。

各関節、関節で筋肉が柔らかくて動きが良くて、リンパもちゃんと流れている状態だと、

自然に脚のラインは美しくなってきます。

決して難しいことではないのです

やるかやらないか、それだけ。

骨を意識できる様に触ります。

それだけでも形が変わってきます。

骨を意識できる様になる、ということは

自分の身体を理解できる様になる、ということ。

何歳になっても美脚でいるということは、健康でいるということにつながるのですね。

オンラインレッスンでは、一つ一つ骨を説明していきたいと考えています。

明日5月14日早朝5時55分から

関純子アナウンサーのゴーゴー体操

出演日です!

どうぞご覧ください

5月の出演は明日で終わり。次回は6月になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました